fuelphpのEmail

kishidaです。かなり久しぶりに投稿します。

fuelphpのEmailパッケージを使用したのでそのメモを書きます。

まずはapp/config/config.php、またはコントローラー側でEmailパッケージを読み込みます。

'packages'  => array(
    'email',
),

または

Package::load('email');

次にEmailクラスの設定を行います。設定は設定ファイルを使用する方法とEmailパッケージ使用の際にその場で設定し引数で渡す方法があります。

設定ファイルを使用する場合はpackages/email/config/email.phpをapp/config/email.phpにコピーし新規作成します。

例 文字セットの指定

//設定ファイル
'setups' => array(
    'default' => array(),
    'mail_pattern_A' => array(
        'charset' => 'ISO-2022-JP',
    )
),
//設定を作成
$conf = array(
  'charset' => 'utf-8',
);
Package::load('email');   //パッケージのロード

//$email = Email::forge('mail_pattern_A'); //設定ファイルの内容を使用
$email = Email::forge($conf);  //作成した設定の読込

最後に送信までの処理を書きます。

$conf = array(
  'charset' => 'utf-8',
);
Package::load('email');   //パッケージのロード

//$email = Email::forge('mail_pattern_A'); //設定ファイルの内容を使用
$email = Email::forge($conf);
$email->from('送信元アドレス', '送信者名');
$email->to('送信先アドレス');
$email->subject('件名');
$email->body('本文');

$email->send();
カテゴリー: php

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*