iPhone Wifi同期をベッド上で完結させる方法

iPhoneのWifi同期には癖がある

iPhoneのWifi同期ができるので便利です。
しかしこのWifi同期には癖があって、同期するPCがスリープモードになってると同期できません。

これではベッドに横になって、充電しながらiPhoneをいじっている時に同期したくなっても、ベッドから出てPCを復帰させてからじゃないと、Wifi同期できないのでけっこう大変です。

いやでもそれってWifi同期の意味が無いような・・・。そこまでやるならベッドから出てUSBで接続したほうがマシです。

しかし、iPhoneで同期するPCを遠隔操作して復帰させる事ができれば、ベッドの上からWifi同期することができそうです。アプリを探していると無料のアプリがありました。

LogMeIn

LogMeIn

LogMeIn

もともとはPC同士をリモートで操作することができるソフトのようですが、iPhone用のアプリができてたので、これでPCのスリープを復帰させて、iTunesを起動することができました。セキュリティ的な不安があるかもしれませんのでiPhone紛失時のリスク管理など、ご利用は自己責任でお願いします。
ダウンロードはこちら


カテゴリー: iPhone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*